社員の声

Voice
日々のデータをしっかりと残し、
学会発表や論文作成が出来るようになりたい。
湯沢事業所
佐々木 惇
平成28年4月入社
教育学研究科 卒業
現在の仕事の内容を教えてください。
湯沢事業所に勤務し、上の岱蒸気基地においてパトロール、保守業務、監視装置による設備状態監視と操作、上の岱蒸気基地運転データ管理、貯留層挙動調査に伴う各種測定、環境調査業務委託管理などを行っています。
仕事の魅力、面白さ、やりがいを教えてください。
上の岱蒸気基地での作業は様々な分野のものがあります。私は大学のころは地質については勉強をしていましたが、機械や電気に関する勉強はしていません。自分が今までやったことのない分野について知識や技術を習得することはとても大変です。しかし、少しずつ出来ることが増えてくることにやりがいや面白さを感じます。
印象に残っている仕事を教えてください。
貯留層挙動調査の一つである観測井モニタリングです。上の岱蒸気基地では発電所で利用した冷却排水を還元井を利用して地下に還元しています。その地下の還元ゾーンの圧力を測定するために、観測井を設置しています。
2017年に通常使用している還元井の浚渫工事の為、別の還元井を1ヶ月ほど使用しました。通常は冷却排水の流量の増加に伴って、観測井の坑内圧力も上昇していきます。しかし、その時期は観測井の坑内圧力の上昇がみられませんでした。
このように地下の状況は常に一定ではなく様々な要因で少しずつ変化するということに気付かされたため印象に残っています。
入社してから一番うれしかったことを教えてください。
一番といわれるととても答えるのが難しいですが、うれしいことの一つとしてはトレーサーサンプリングという還元熱水の生産井への影響や、生産井間の干渉関係を調査した結果が出た時です。この結果によって、地下で坑井どうしがどのような干渉関係を持っているかがわかるときがうれしいです。そのようなときに上の岱の地下について、もっと知りたいという気持ちにつながります。
入社後、どのような点で成長したと思いますか。
入社直後は基地内のパトロールや保守点検を、昨年は確認する個所や作業手順を覚えるので精一杯でしたが、今はいつもと違っているところはないか、と意識してパトロールなどの作業にあたることが出来るようになったことです。
今後の目標を教えてください。
上の岱蒸気基地における日々のデータを数値や文章でしっかりと残して、それらのデータを使って学会発表や論文作成が出来るようになりたいです。
オフの日は何をしていますか。
妻とおいしいものを食べに出かけたり、温泉に行ったりしています。
ある日のスケジュール
現場(パトロール他)Ver.
6:30
起床
7:30
朝食、支度して自宅を出る
7:40
出社
8:00
会社の車で現場へ向かう
8:50
現場に到着、着替え
9:00
現場にてパトロール
11:30
パトロール終了後に保守業務作業
12:00
昼休憩
13:00
保守業務または貯留層挙動調査に伴う各種測定
15:30
現場での作業終了、着替え、事業所に車で戻る
16:20
事業所到着、メールチェック
16:35
ミーティング
16:40
退社
内勤Ver.
7:00
起床
8:00
朝食、支度して自宅を出る
8:20
出社
8:40
メールチェック、昨日の運転データ入力
9:00
現場のパトロールに伴う監視装置の操作
11:30
運転データの整理
12:00
昼休憩
13:00
貯留層挙動調査の各種測定によるデータ整理や環境調査業務委託管理のデータ整理
17:15
ミーティング
17:20
退社
他の先輩社員の声
  1. 玉川第二発電所建設所
    髙屋 聡
    平成17年4月入社
  2. 会津事業所
    佐藤 尚暉
    平成23年4月入社
  3. 雫石事業所
    村中 正広
    平成23年4月入社
  4. 湯沢事業所
    佐々木 惇
    平成28年4月入社
トップへ